私にもできた!債務整理

月刊誌のチラシ、スポーツ新聞紙、電話ボックスに見かける広告やDMなどで、「多重借金の効率化手伝います」「債務を集約しましょう」という広告を見ることがありませんか。

これらは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介屋」という名の会社のだまし広告のケースがあります。

申し込んだ場合には自己破産手続きの中で免責許諾をもらえないパターンもあります。

「整理業者」では、ダイレクトメールなどで多重負債者を引きつけ、高い手数料を要求して負債整理を行いますが、実際は債務整頓はされず、さらに負債スパイラルにはまることがほぼすべてと思われます。

「買取人」は依頼者のクレジットで電化用品、電車の券などを購入させ借金者から買った商品を定価の3割~40%で買い直すというやり口が知られています。

借金者は短期には金銭が増えますが、少しすればクレジット業者経由の買ったものの全額の返済請求が送られて来ることになり、本当は借金を悪化させる結果になります。

クレジットカード企業相手の詐欺であるとして免責許可を受けられなくなります。

「紹介者」では大手消費者金融から拒絶された借金人に対し、提供は全くせずに、融資を可能である異なる企業を知らせて、高額な手数料を出させる悪徳業者です。

紹介屋は自分の経由で金貸ししてもらったかのようにしゃべりますが、現実には何もしておらず、単に選考の通りやすいルートを伝えているというだけなのです。

このケースだと現実には負債額を増加させる結末となります。
借金で生活苦だった私が救われた方法